チョイスする胡蝶蘭の価格は贈る場面や先方との関係性によってかわります

チョイスする胡蝶蘭の価格は贈る場面や先方との関係性によってかわります。気軽なプレゼントであれば数千円の安いものでも良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶蘭がいいですね。どちらにしても、胡蝶蘭の値段が花屋より安いのがネット販売で、時には6割ほど安く購入出来たりします。これは中間コストを削減しているショップが多いためで、生産農家から消費者へ直接発送してくれるからです。
お花のプレゼントが嫌な人はそういませんが、そのシーンに合わせた花言葉の花を選ぶことで、花を贈られた人の感激も一層深まるというものです。

例えば、開店祝いや挙式などで胡蝶蘭をよく見かけますが、胡蝶蘭共通の花言葉、純粋な愛などのほか、色彩ごとに個別の花言葉を持っています。こちょう蘭を例に出しましたが、花ギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、ただ花を贈るよりも、一層心がこもった贈り物となるのです。知人がお店を開店する時などで贈る定番はこちょう蘭ですが、個人的にお祝いするなら一万円~三万円程度が相場です。最近では、通販ショップを使って花を贈る人口も増加し、多彩なシーンに対応したコチョウラン通販ショップが人気です。

日本古来のフラワーではありませんが、明治時代に日本に持ち込まれたそうです。
蝶の様な花を咲かせるというとこから、付けられた名前がこちょう蘭だと言いますが、美しさだけでなく花言葉(純粋な愛)も人気の要因なのです。フラワーを送る際、花を包むラッピングも大事です。
例えば、ラッピングを赤にすると豪華な印象になるし、ラップングを緑にすると新鮮な印象を埋めやすくなるでしょう。
評価が良い胡蝶蘭の通販ショップでは、全て、色を選べるラッピングサービスを無料で行っています。花に添えるメッセージカードなども、価格に含まれている通販ショップが増えています。花ギフトで胡蝶蘭を贈るというのは、おめでたい祝いごとだけでなく、お悔やみの場に贈るなんてケースもあります。

胡蝶蘭の花言葉には「純粋な愛」という意味もあって、辛い心を癒してくれるとされていて、故人を偲ぶ場であっても、場ちがいにはならないそうです。
世に胡蝶蘭が広まっていくきっかけは、お金持ちや貴族の間で18世紀のヨーロッパで起きた欄ブームがはじまりで、優美で神秘的な美しさが、より綺麗な品種を捜すきっかけとなって現在の胡蝶蘭の原種発見に繋がった理由です。
頂いたコチョウランのお手入れですが、数ある花の中でも非常に簡単なんです。1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、フラワーが散ってからの植え替え方法も簡単です。しかし、厳しい寒さには強くないので、暖かい場所に置いてあげるようにしましょう。

それと、エアコンの吹き出し口も良くないので、置くところには気を付けてあげましょう。

入院患者のお見舞いに、 気持ちを和らげるため、美しい花を贈るのも良いことですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。お見舞いにこちょう蘭を贈りたいなら、花束にアレンジするなどして、根が付いた状態で相手に贈らないように気を付けましょう。

このマナーさえ分かっていれば、胡蝶ランは花粉もニオイも少ないですから、病室を飾る花としては最上のお見舞いフラワーです。

携帯電話端末の進化に伴い、ギフトフラワーの通販も、現在は携帯端末から利用できます。それだけでなく、多彩なサービスも充実していて、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれます。

配達についてもそうで、日本国内での素早い配送や、ケースによっては当日にお届けするなんて事も出来ちゃいます。花を贈るのも随分と便利になりましたね。フラワーの贈り物で胡蝶蘭が人気なのには理由があります。ひとつは、蝶の羽に由来する名前通りの華やかさ、そして、素敵な花言葉や日持ちの良さが挙げられます。

普通に贈られる花ギフトであれば、1週間も咲きつづけることなく枯れるのが早いですし、そういった意味でも、1ヶ月から2か月も日持ちする胡蝶ランが人気なのです。

おめでたいシーンや門出に贈る花は、胡蝶蘭を選べんでおけば無難だと言えるでしょう。ギフトフラワーの通信販売を利用する時、やはり、栽培農家から直で発送してくる、生産農家直送を採用している通販店がいいですね。
何故、産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)直送が良いかというと、中間にある花市場を経由しないので、商品であるお花の新鮮さが保たれることと、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。ネットで胡蝶蘭を頼む時も同じで、生産者から直接届く、産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)直送が一番のお奨めになるでしょう。

胡蝶蘭の栽培方法ですが、寒さに弱いのは、知っておいた方が良いですね。

元々の原産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)は東南アジアの暑い地域ですが、暖かく明るい日陰で暮らしていたので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。
15度~20度前後が適切な温度で、置くとことは通気性も考えてあげましょう。
水をあげるのは環境によって1週間~10日に一回程度で、根元が乾いてきたと思ったらあげる感じです。

こちらもおすすめ>>>>>胡蝶蘭の通販「産地直送おすすめ店ランキング」令和元年の最新版!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です